シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

電話
こんにちは、美乃里です。

先日、娘から頼まれて

アイドルのコンサートチケット一般販売当日に

短時間でものすごい回数の電話をかけました。

実家の固定電話と私の携帯電話でチャレンジしましたが、

何度かけても「電話が込み合っていておつなぎできません」の

アナウンス。

もう、気持ちが負けそうになった25分後

やっとつながったと思ったら「完売しました」と。。。


当日は部活に行っていた娘からは、事前に

人気があるから電話つながらないよ、と聞いて

覚悟していたものの、こんなに繋がらないとは…

初めての経験でした。


肝心の娘、さぞかしがっかりすると思いきや

部活に集中できる!と前向きで一安心です。

今は大会前で、毎日一生懸命がんばっています。

少しでも長く先輩と一緒に演奏ができるように、

応援しています。


もしも生まれ変わるなら。
こんにちは!山本です


先日のFAG社内研修の流れで、今回の一巡、

朝のスピーチは、全員「次に生まれ変わるなら、男・女どちら?」というテーマで話しています。

男・女だけの選択肢ではなく、虫や鳥も出てきたり、

男・女だとしても、人それぞれの理由があって。

個性あふれる面々の主張を毎朝楽しく聞いています。


今朝は、私でした。

生まれ変わるなら、今生、女だったという記憶を持ったまま男として生まれたい!と話しました。

今の女性としての人生もとても楽しいですが、

どうせなら違うこともやってみたいかな、と思いまして (笑)

で、男性として生まれるなら、今度はノーベル賞を目指して、

1日中、顕微鏡をのぞいて、研究している学者さんがいいな~。

他には、池井戸潤の小説に出てくるような、巨悪に立ち向かう熱血漢もいいかな?

あっ、宇宙飛行士もいいね!

漫画や小説の影響大ですね(笑)


来世はもう少し先になりそうだから、それは楽しみに、今はも少し女性を満喫しますか。

いやいや、でも最近の暑さによる大量の汗で流れ落ちる化粧を考えると、

すでに男性化してもいいかとくじけてもみたり(^^;)

あー。

私が男の人になっちゃう前に、早く夏、終わってください(笑)






summer
こんばんは。石野です。
毎日暑いです。
自宅には電気ストーブがまだ
出しっぱなしです。
あと、毛布も。
お友達の家は、コタツがまた出ているようで。
片付けないとねー、と会話したことを
思い出しました。

自宅のエアコン、フル稼動です。
エアコン付け、切りタイマー設定せずに
寝てしまい 気づくと毛布かけてて。
慌ててエアコン消して
また眠りにつきます。
今の所、風邪もひかず
朝起きたら、怠いってこともなく
毛布のおかげかもです。

梅雨明け?とニュースで言ってました。
これ以上暑くなるのは
恐ろしいですが
たくさん汗かいて
たくさん暑いねって言って
夏しかできたいことを
楽しめたらって思います。



静岡の地酒2017上の句
こんにちは、柴田です


本日は写真でお届けです。

shibata_20170720a.jpg


shibata_20170720b.jpg


shibata_20170720c.jpg shibata_20170720d.jpg 
shibata_20170720e.jpg 
shibata_20170720f.jpg


shibata_20170720g.jpg


shibata_20170720h.jpg


shibata_20170720i.jpg


残念ながら、コンプリートならず

今回もまた、帰り道中、ビールを飲んでしまいましたwww。



ゲーム

こんにちは、田口です。

先日の神谷さんのブログでゲームをやってることをバラされました、田口です。

入手困難な「スイッチ」にて「ゼルダの伝説」を夜な夜な取り組んでおります。

入手困難な「スイッチ」は社長が身を粉にして手配してくれました。

ゼルダの伝説はアクションRPGというジャンルで、

ざっくり言えば姫さまの助けとなり悪を倒すために、あっちに行ったりこっちに行ったりするゲームです。

ゲーム中、説明も多すぎず、お使いも多すぎず、謎は多めで、

昔のゲームに比べるとびっくりするぐらいの自由があります。

どこから行ってもよいよ、ただ最初にそんな方に行くとちょっと大変だよとか。

そんな感じの世界。

例えば。気付かれないくらいの距離で、魔物が5匹で宴会をしています。

我の力で倒せるものかどうかの物差しはありません。

どのくらい近づいたら気付かれるか、もしくは倒そうとしたときに倒せるのか。

それはそう、あの頃のたむろしている先輩の近くを通り過ぎる感覚。

見つかって全力で逃げ去る緊張感。

逃げるのもイヤになって立ち向かってみる勇気と無謀さ。

そもそもルールが分からない世界の成り立ち。

ここから飛び降りたら、ダメージがあるのか、それとも死んでしまうのか。

経験から覚えることが多く、

どうも小学生から高校生くらいまでのリアルの感覚に近しいゲームです。

小屋の屋根から飛び降りたり、食べれる木の実を探してさまよったり、

いろんなモノから全力で逃げたりしたなーなんて思い出すのと同時に、

岩から川に飛び込む時に両足骨折してた友人を思い出しました。

やってみるって経験は大切ですね。