FC2ブログ
シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

電池

こんにちは田口です。

ずるずると梅雨が続きイヤですね。

あまりにも雨が続くとありもしない背中の甲羅を干したい気がしてきますので不思議です。

さて、我が家ではよく電池が液漏れします。

液漏れもしますし、そのあと乾いて白い粉になったりしてます。

あれ触るの怖いですよね。

思い込みや脅しかと思ったら、触ったらかぶれるし、目に入ったら悪くすると失明だとか。

どちらもすぐ洗えば良さそうですが。

で、これ以上液漏れしないように調べました。

残量が少ない電池は液漏れしやすい。
新しい電池と古い電池は一緒に使わない。
電池には試用期間があり、古いのは漏れやすい。
アルカリとマンガンと充電池を使い分ける。

だいたいこの辺らしいです。

で、我が家でできてないのは一番下。

アルカリ入れときゃいいでしょみたいなノリ。

アルカリはゆっくりずっとちょっとずつ電池を消耗するのには向かないそうで、

時計やリモコンはNGだと。

特にエアコンのリモコンは季節がら使わない時期が長かったりするので結構やばいらしいです。

さらにONとOFFがあるような物はOFFにしておかないと、微弱に通電しているので液漏れしやすいとか。

言われてみればリモコン系もおもちゃもよく液漏れしてるのと遭遇します。

あの液も白い粉も怖いので、ちょっと意識します。

口癖

こんにちは、田口です。

下の2歳児の最近の口癖が、だって○○だとおもたから。

思ったからと正しても無視されます。

この間までは語尾に”よ”を付けたら良いと思っていたらしく、

バナナ食べたよ。みたいな感じでした。

食べたアルよみたいな発音で。

”アルよ”が”おもた”を経て何に向かうやら。

今のとこまだ言ってることの半分くらいしか意味が分かりません、

何言っているか分からない半分がとんでもないこと言ってそうで怖くもあります。

ご飯中に大人が席を外すと、ご飯中ご飯中とぶつぶつ言うと噂を聞きました。

どれにしても可笑しくて笑ってしまいそうなのをこらえ、

毎日が”笑ってはいけない”です。

めだか

こんにちは、田口です。

めだかの産卵時期でして、

夜な夜な水草から卵をもぎ取り、シャーレで孵化させ、

大人のいない容器で稚魚を飼ってます。

ここのところ大きくなる前に亡くなってしまうことも多く、試行錯誤しております。

さて、子どもの幼稚園バス集合場所まで行く間に通りかかるご婦人と親しくなり、

子にお土産など頂いてしまい、お礼をどうしようか考えていたところ、

ご婦人がメダカをたしなんでらっしゃるとのことで、

卵を養子に出しました。

大変よろこんでもらえたのですが、無事に大きくなってくれるかが心配です。

などという大人なご近所付き合い。

メダカに絡んでくる鳥類や猫を見つけ次第追い掛け回すのを見られてはなりません。

ガチで追い掛け回しているから。

鬼の形相で。

いろいろと気を付けます。

女の涙

こんにちは、田口です。

お暑うございます。

さて、先日妻の誕生日がやってきました。

プレゼント的なものは半年ほど前に前借があり特になし。

朝食を囲みながらハッピーバースデーを子供たちに歌わせていました。

わ~っと泣き出す4歳長女。

聞けば自分も歌われたいとのこと。

泣かれたままも面倒で軽く祝い。

ついでに次女も祝い。

さあ朝ごはんとおもったら、しくしく泣き出す長女。

面倒だなと思いながら聞いてみたら、お花もない誕生日なんてかわいそうだと。

おお。

どこで得た情報なのか、湧きあがった感情なのか、4歳の女の子恐るべし。

ということで花を買って帰りました。

きれいきれい良かったねって喜んでて微笑ましかったですが、

女の涙ってやつには弱いようです。

うそ泣きだったら怖いなあと思いつつ。

やらず嫌い

田口です、こんにちは。

若葉に風薫る今日この頃、みなさま如何おすごしでしょうか。

私はまたひとつやらず嫌いを克服しました。

自宅の門のところに、大きなプランターくらいの大きさの土スペースがあります。

当然に花壇なんだろうなっていうスペースです。

長年家の者に任せるなど、ほったらかしてきました。

一念発起して耕し、今までの根を処分し、

ホームセンターなどで花などを買い求め、

塩梅よく配置し、

なにぶんはじめてなもので、買った量では足らず隙間だらけになってしまい、

すぐに買い足し、

ホームセンターで子供にソーラーで動く蝶々のおもちゃをねだられ、

そんなこんなで立派な庭園ができあがりました。

1㎡もありませんが。

思いのほか評判も良く、近所の先輩方にもほめられ、

道行く人は蝶々をかわいがり、

ああいいものだなと。

ただ思っていたよりも花の命はけっこう短く。

きれいな花壇を維持するにはちょいちょい手間がかかりそうな。

まあ楽しめたら良いなと。

意味が分かると怖い話

こんにちは、田口です。

自宅の給湯設備が壊れてしまい、風呂難民をはや10日ほど、

実家や簡易シャワー室やスーパー銭湯などを順繰りに。

思いのほか面倒だったり、ばたばたして大変です。

で、一人で行ったスーパー銭湯にて。

露天スペースの奥まったところにサウナ小屋がありました。

あまりにも奥で前回来た時には気が付きませんでした。

入り口まであと数歩というところ、横からきたおじさまがすっと入りました。

サウナは建物のなかに2部屋あり前方のドアを開けたおじさまはUターンして帰ってきました。

あ、いっぱいなのかな。

そう思いました。

右のドアもあるのにそっちはのぞかないおじさんにちょっとだけギモン。

右のドアをみたら大きな字で「巡回強化中」。

前のドアにも「巡回強化中」。

そう言われれば気になっていた、風呂中やけに視線を感じること。

ロッカーの鍵のリストバンドがリストバンドなのに二の腕に巻いている方の多いこと。

そして決定打「巡回強化中」。

盗むものもないのに巡回しないっすよねーみたいな。

前のおじさんは何を見たのか。

多様化もよいですけど、公共の場ではお控えください。

何卒よろしくお願いします。

親切さ

こんにちは、田口です。

新年度おめでとうございます、今年度もよろしくお願いします。

さて、最近澤木さんがときどき親切さについて言及します。

親切と不親切。

幼いころからなんどとなく聞く親切という単語ですが、この年になってその大切さに気付かされました。

まず、自分が客側の立場で接している相手に対する違和感。

違和感の根っこが不親切さからくることが多いんだなと。

また、ああ良い心地よい対応だなと思うときの根っこが親切さかなと。

やらなきゃいけないからやるというのと、

親身になって行動するのは大きな違い。

そして自分の親切さ。

不親切以上に意地悪な気持ちで接してしまう時もあったりあったり。

砂糖少々くらいのちょっとした余裕で親切にできるはずなのに。

猛省。

社長にももう少し親切にします。

ライフイズビューティフル

こんにちは、田口です。

昨日澤木さんのスピーチを聞いて映画が見たくなりました。

夜気が付けば2時間の映画ならぎりぎり見れそうな雰囲気。

キタコレと録画機の中をあさり、ライフイズビューティフル。

私は映画でも小説でも何回でも同じものが見れる、見たいという、性質をもっており、

ライフイズビューティフルも4度目か5度目。

子どもが生まれてからは初。

以前見た時と同じようなところで笑い、同じようなところで泣き。

映画の内容としてはいいとこのお嬢さんにアプローチする前半と

後半は戦時下のなか強制収容所での子どもとの生活を、

日常の小さな奇跡、魔法とユーモアでどうにか豊かにしますというもの。

奇跡や魔法は日々のできごとを思いつきで魔法に変えるようなもの。

ああいい映画だなあなんて、いろいろ思いを馳せていたら気が付きました。

幼き頃、父と車に乗っていて信号待ち、

むにゃむにゃ念じる父、「えい」っというかけ声とともに青になる信号。

踏切りで電車が右からくるか左からくるか100%予言する父。

一つだけ持ってた完ぺきにこなすマジックトリック。

種明かししたらとてもくだらないものばかりですが、

種に気が付かなければ魔法使い。

血をひきついで自然とやっている時もありますが、、

より意識して魔法を使っていきたいなと思いました。

男の子

こんにちは、田口です。

以前男の子でした。

今は青年でしょうか。

中年でしょうか。

思春期手前のお子さんをお持ちのお母さまがたに朗報です。

うちの子ぼんやりして、何を考えているやら・・。

そんなことを思っているお母さまがた多いと思います。

大丈夫、何も考えていません。

雲みたいに生きています。

もしくはアメーバみたいに生きてます。

それでも生きていけるんです。

思い起こせば中学に入ってから中学校っていう仕組みのことを知りました。

でも小学校で学級委員とかしてました。

そんなこんなで当時うすらぼんやり生きていたので、記憶にないことが多いです。

大きなイベントも覚えてないですし、どの道使って通っていたかも思い出せません。

もちろん帰り道も思い出せません。

正確に言えば、覚えている地点(できごと)はあるんですが、

どう結んでも行けないし帰れない。。

そんな雲みたいな生き物でした。

きっとおそらく男の子の8割くらいそんな生き物。

この間、幼稚園年少の娘が

幼稚園が終わったら小学校で中学校で高校で大学でそれから働いてと

よどみなく言い出して、この子天才かしらと思いました。

私は高校受験のころにやっと高校の認識が芽生えた気がします。。

ちょっとしたこと

こんにちは、田口です。

今年も花粉症始めました。

よろしくお願いします。

さて、朝一で事務所で行う仕事のひとつにPCの電源を入れて回るというものがあります。

おもむろにぽちっとするわけですが、

おもむろにできない場合もあります。

電源ボタンが正面にないパソコン。

側面と言うのか横の面にボタンがあり、

正面にある丸いボタンらしきものはただのロゴマーク。

罠か。

慣れたらすぐ分かるんですが、それでも毎回違和感があります。

で、最近来たパソコンの電源が上面にあり。

ぱっと上から見てボタンだと分かるので押しやすく。

地べたにパソコンを置く方が何割かしりませんが、

ちょっとしたことだけどいいなあと。

そうありたいと思いました。

もちろん自分の電源をおでこにもってこようと思ったわけではありません。

以上。