FC2ブログ
シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

小学8年生!
こんにちは。ずっと天候がすぐれない今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

かつて、『小学○年生』という月刊誌がありまして、小学館の学年誌と呼ばれていました。
大正時代に創刊された非常に歴史ある雑誌なのですが、休刊が相次いで令和の現在は
わずかに『小学一年生』のみ刊行されています。

さ少子化に加えて活字離れと出版事業にとって非常につらい状況が続いておりますが、
2017年、小学館は『小学8年生』を刊行しました。店頭で見たとき8ってどこから由来したんだと
思ったのですが、公式サイトによると「デジタル数字の「8」。0〜9のどんな数字にも変身します。」
とあります。これはなかなか上手いですね。

とただ感心しているだけではアレなので、私もかつての小学生、6月28日発売の
最新号を買ってきました。付録が豪華です、というかこれが目的なんですけども。

なんと、化石発掘体験キットです。「本物のアンモナイト化石が3個入り!!」
と公式で誇らしくPR。本物ですよホンモノ。
アンモナイトって雑誌に付属できるぐらいホイホイあるものなんでしょうか。
化石ってとにかく貴重なものだと思っていたんですけども。

福井の恐竜博物館を思い出しながらコチコチ発掘します。
精神年齢は小学5年生から成長していない私です、




いきなり金印
こんにちは。すっかり日が長くなりましたね。

先日、福岡市立博物館で金印を見てきました。もっとも、これで4回目なのですが。

日本史の教科書では最序盤ですね、「漢委奴国王」の文字も凛々しい、キラリと光る逸品です。
これがまた実物はけっこう小さくて、小さいということはイコール技術の高さを物語ります。


展示してあるものはホンモノなので、目の前の金印を江戸時代の人がつまんで記録を取って
いろいろ議論して…と思うと非常に感慨深いものがあります。
邪馬台国が畿内か九州か という議論も江戸時代からありますからね、
そろそろ決着がついてもいいんじゃないかな。

こんな素晴らしい金印ですが、博物館の冒頭に展示してあります。
いきなりステーキよりいきなりレベル、最初からサビに入る曲レベル。

ちょっと気軽に行ける場所ではないですが、アクセスはとてもいいですし何より感激します。
心からおすすめします。
働き方改革?
こんにちは。4月の話ですが、2022年春入社の学生から新卒採用を通年採用とする
という記事が目に留まりました。
これまでの雇用慣行を大きく打ち破る大きな決断と感じました。

ただ、4月入社は学生の卒業が3月だから、という点に加えて
3月が決算月の会社が多い点もあるのではと思います。
現在の4月入学~3月卒業 の現行の教育制度もたしか
国の会計年度に合わせてのことだと記憶していますが、
ちょっと自信がありません。森有礼が学制を定めたときは少なくとも4月ではなかったはず…。

もっとも、特に大学生を対象とした採用の前倒しは問題になっており
現在でも4年生からの面接解禁のはずで。しかしながら、あくまで紳士協定なので
効力はいかほどのものかと思っているのですが。

現実的には急にガラッと変わるのではなく、基本は4月入社が9割程度に落ち着くのではと事態の推移を見守っています。


完全に余談ですが、古墳が話題ですね。テレビで「ダイオウ」といっていて驚きました。「オオキミ」と習ったんだけどなあ。
ダイオウだとちょっと神秘性が薄れますね。堺に行かねば。

わかる方はそれなりにいると思います
こんにちは。先日、服が目に留まりフラリと静岡の某店に入りました。

これは雑誌でで見てちょっと気になったアイテムだ、買おうかな、試着するかな、と思ったところ
姿見に映る私の姿は今買おうか迷っているものと同じメーカーの色違いを着ていました。

結局、ちょっと恥ずかしさを覚えて撤退しました。
この感覚は決して私だけのものではないと思うのですが,
みなさんは服を買いにいくときどんな格好で出かけますか?

これがスーツを買うときなら絶対にその店のスーツを着て
革靴とワイシャツで出撃するんですけれども。

モヤモヤは月末のゴジラ映画を観て忘れます。
キングギドラのデザインってアメリカ人が好きそうですよね、なんとなくですけど。
4dxに期待です。
浜松まつり以外
こんにちは。天邪鬼なので、GWにもかかわらず浜松まつり以外のことを書きます。

毎年、5月3日に小田原で北条五代祭りが開かれますが、初めて行ってきました。
もっとも、私の本来の目的は2日に行われた黒田基樹教授(日本史)のシンポジウムなのですが。

天候もよくかなりベストな状況で小田原城の銅門前に陣取りまして、甲冑に身を固めた高嶋政伸が出てくるのを
しっかりこの目で見てきました。私は『真田丸』を観ていないので、あまり感動もないのですが。
『ゴジラvsビオランテ』(89年)まで遡らないと高嶋政伸の活躍ぶりを思い出せない昭和生まれです。
あの映画、鈴木京香がちょい役で出演しています。

小田原北条氏は5代100年、戦国時代の始まりと終わりの主役です。まるで誰かが演出したかのようなまとまりの良さ。
なお、火縄銃の射撃音と煙はかなりの迫力でした。
日に焼けてもあまり黒くならない私です。



春はあけぼの
こんにちは。先日、サッカー観戦のついでに小田原城に行ってきました。
まさにお花見シーズン真っ盛り、かなりの混雑でありました。お城といえば、弘前城の桜が素晴らしくキレイという
話ですが、けっこう遠いですね。青森は夜行列車で訪れたことがありますが、もうあの列車も廃止されているはず。
本当は冬に行ってみたいのですが、歩ける自信がない。札幌の中心地とはわけが違う。

みなさんは10連休をどのように過ごすのでしょうか。私はせいぜい映画を観るレベルです。
なにか有意義な趣味はないですかね…。

コーヒーを焙煎してみるとかどうでしょう。時間ばっかりかかって労力の割に…となるのが目に見えていますが。
最近ドリッパーを変えた私です。違い?不明です。
令和
やはり本日は新元号を抜きに記事は書けない日だと思われますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

「令和」ですって、れいわ。ちょっと音だけだと漢字が思い浮かばないですね。
令の字が元号に使われるのは初めてとのこと。先例がとても重要そうな印象があるので意外ですね。

激動の昭和時代から平成、そして令和。200年後の歴史家は平成の時代をどう評するのか本当に興味深いです。
なお、歴史の世界では日記は一次史料として扱われます。
みなさんの日記も時を経て大いに後世に参考になるかもしれません。

前の前の元号生まれと考えるとちょっと年取ったなあと思った私です。
また便乗
こんにちは。運の悪さには自信がある私です。

さて、ガシャガシャといえばドラゴンボールやガンダムといったキャラクターものが定番ですが、
なかなかどうして妙なものがあるものです。実際に点灯する信号機のガシャガシャ、カブトエビ?の飼育キット、
キラキラ輝く泥だんごを作るためのセット、リアルに丸まるダンゴムシのガシャガシャといったものの中に、
一際異彩を放つガシャガシャがありました。

伸びる納豆のガシャガシャです。どこに需要がある商品なのかわかりませんが、非常に興味深い珍品です。
もっとも、200円と引き換えに得るものとして果たして適正な水準なのか、再考の余地がありそうです。

そういえば、ピエール瀧が逮捕されてしまいましたがこれまでの出演作はどうなるのでしょうか。
一時はどの邦画を観ても出演してるなあと思ったものですが、今思い出そうとしても『百万円と苦虫女』
『僕たち急行 A列車で行こう』の二本しか浮かばなくて困ります。正直絶望してる。
栄養満点の納豆を食べることで記憶力は改善するかもしれません。


便乗
こんにちは。広辞苑の話題に便乗しまして、映画『舟を編む』を思い出しました。松田龍平と宮崎あおい主演で、パンフレットも買った映画です。

これ、辞書を作る物語ということで、もっとこう紙の厚や滑りやすさとか、製本の難しさとか装丁とか、そっち系がメインかと思って観たんですけれど、ちょっと予想と違った映画でした。加藤剛がしぼんでしまってびっくり。
黒木華も出演していましたね。『リップヴァンウィングルの花嫁』はよかった。『永い言い訳』にもちょろっとでていたんですが、あの映画は私の好きな堀内敬子の出演シーンが短くて残念。

『舟を編む』はあとオダギリジョーがでていましたが、彼の『オーバー・フェンス』の演技は非常にセクシーでした。あの函館三部作はどれも秀逸だと感じました。
この前新聞で観たい映画を見つけたんですが、なんだったかな、タイトルを忘れてしまいました。

あと、わさび巻ですけれども、確か蒲田か戸越の寿司屋で「本気で辛い!なみだ巻」ってあったので注文したんですけれど,、これがもう本当に辛い、胃袋が大変なことになりました。一人ダチョウ倶楽部状態。
誰かしらといればまだ笑えるのですが、一人だったのでシャレにならない。あそこの店は変わったネタがあってよかったです。また訪れたいですが、なみだ巻はやめておきます。
おすすめ商品
こんにちは。やれスマホだパソコンだゲームだと現代人はとにかく目を酷使しております。
ブルーライトカットのメガネなんかありますが、やはり温めることがベストだと思う今日この頃。

ホットタオルを試してみたのですが、あれ本当に保ちませんね。ものの数十秒レベル。
ここでちょっと電源に接続するホットアイマスクを買いました。ポカポカしてとても気持ちいいです。
15分や30分、疲れた目をリラックスさせましょう。
もっとも、外したらすぐスマホをいじるのが我々なのですが。。。

USB接続なので、オフィスでの使用も考慮してあると思われます。
これほんと、安価なわりにけっこう効果的だと思うのでおすすめです。