FC2ブログ
シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

Hamamatstu Craft BEER FES 2019 in Soramo
"フェス"という名のついたイベントに参加するのが気恥ずかしい年頃の柴田です。


一昨年秋放送の、ガッキーと桃太郎兄のドラマ「けもなれ」で、
よく登場していた各種クラフトビール
※ドラマそのものは見ておりません

定義が正しいのかどうかわかりませんが、
"いわゆる大手ビール会社の量産ビールではないビール"が、
浜松駅前に集結するイベントがありました


blog20190904a.jpg blog20190904b.jpg blog20190904c.jpg

前売を購入するとついてくる、カップホルダーがついてきます

当日は、晴れてて暑くて大盛況でした

クラフトビールの種類について調べていたら、
「ビール女子」なるサイトの中の、
"ビール女子キャラクターズ"でイラスト付きで、
各種類を紹介していました

黒いお腹を少しでも白くしたい、の願いから、
白ビールの"ヴァイツェン"をよく飲みます

我が町浜松のマイン・シュロスさん以外の、
"ヴァイツェン"を探しておりましたが、
見つけられずで、残念でした


ちょっと飲み足りなかったので、
来月の横浜のオクトーバーフェスト、
出かけてみようかなぁ…。



浜松クラフトビールフェス2019 in ソラモ
https://craftbeerfes.hama-machi.net/


UDON
台風10号、四国の被害が心配な柴田です


本日のタイトル『UDON』は、
2006年8月に公開、
"踊る"の本広監督、
ユースケ・サンタマリアと小西真奈美が主演の、
うどん県の香川を舞台にした"うどん"の映画のタイトルです

学生時代を、
そばよりうどんがメジャーな大阪で過ごしたお陰で、
うどんが好きになりました。

さらに、この映画を見て、
①一度は"本場で食べてみたい"、
②一度は"自分で踏んでみたい"、
と思っていたトコロ、
子供向け商品なんですが、
②を叶えるとても良いモノを見つけました。


その名は「さぬきうどん英才教育キット」

blog_20190815shibata1.jpg
プレゼントにも最適なかわいい包装

blog_20190815shibata2.jpg
これは子供(だけでなく大人も?)は喜ぶでしょう

blog_20190815shibata3.jpg
蓋を開けてもイラストいっぱい

blog_20190815shibata4.jpg
中にはこんだけのモノが入っていて、
とりあえず家庭であるもので、うどんが作れちゃいます。
子供の好きなシールもあって、
0からうどん作りを学べます


本当によ~く考えてあるなぁト、
感心してしまいました。



山の日に初挑戦しました
5人前ずつで小分けにされているのもありがたく、
2回作れます。

blog_20190815shibata5.jpg

白い粉がつくので、途中写真なし、
出来上がり写真も、自主規制です…

粉と塩と水とだしは、大変優秀でしたので、
うどんそのものの味は、美味しいです
製作過程と調理の問題で、総合点数ダウンです


気づいたコト(1回目)

○"踏む時のビニール袋"は固くて厚いものを
├ ゴミ袋のような薄い袋だと、踏んだ時にしわが出来て気になる
└ 米袋ならいいのかも

○"こね鉢"は大きい方がいいが、ある程度でいい
├ こね易さ=ボール<たらい<鉢、なんですかね…、深さ<広さかと
├ 直径46cm×高さ14cmのプラたらい、ダイソーで150円で買えます
├ 一度に作る量にもよりますが、500g程度なら、もっと小さくても十分
└ でか過ぎて戸棚に納まらず、大変

○"麺切包丁&こま板"は欲しい
├ 家庭用の三徳包丁でももちろん切れますが、切りにくい
├ つきたてのお餅、は言いすぎですが、大体そんな感じ
├ 1回の包丁の上下だけでは切れず、ずらして切っていくことになるので、太さを揃えるのが難しい
└ 安い物でもいいので、この2点があれば、かなり楽&キレイに仕上がりそう

○"茹でたうどんの解凍方法"は注意
├ 自然解凍したモノしか食べてませんが、とにかくおいしくない
└ どうやら"茹でなおし"するのがおすすめらしい



こういう仕組みや取り汲みがとても大事だと思いましたし、
それを形にするアイデアがほんと素晴しいです


大した研究レポートはございませんが、
2019大人の夏休みの自由研究は、
早々に完成ですっ



さぬきうどん英才教育キット | 瀬戸内うどんカンパニー
http://udoncompany.com/udonkit/


キャベツ太郎カレーヌードル
今朝の通勤で、すぐ目の前での信号無視に2件遭遇した、柴田です。
運転者が目の前の信号機を見ずに交差点へ進入しているのが、
よ~くわかりました
脇見や考え事に気をつけましょう



カレーヌードル第二弾
「キャベツ太郎カレーヌードル」

昨晩慌ててコンビニをはしごして用意したノデ、
キャベツ小袋をゲットできず

blog_shibata_20190801a.jpg

blog_shibata_20190801b.jpg
できあがってから、こんな感じで…

blog_shibata_20190801c.jpg
これくらい投入でいいらしい

blog_shibata_20190801d.jpg
ミルミル水分吸いました。

blog_shibata_20190801e.jpg
追い太郎です

blog_shibata_20190801f.jpg
カレーフォンデュのように食べたので、最終はこれくらいまで減りました。

<カロリー>
キャベツ太郎
一袋90g=531kcalなので、
2/3袋として=354kcal。
カレーヌードル
めん・かやく=363kcal
スープ=59kcal
小計422kca。
合計776kcal。

<食塩相当量>
うっかり、しっかり、
スープも飲みきった状態ですので、
0.482+4.4=4.882g。

ともに、中々いい数字ですね


ほかのチャレンジャーの評価が高い(確かに美味しい)要因として、
"カレー"という素材がよいのでは、
と思っています。
フツーのカレーに、結構な具材入れても、
美味しいですもんね



すでに漂わせているかもですが、
社内にカレー(加齢)臭をふりまいて、
申し訳ございません…



雪見カレーヌードル
オリンピックにはずれた柴田です、
身近で当った、という人、
まだ聞きません


ネットでよくあるやってみた企画で、
どうしても自分でやってみたくて、
今更ながらでやってみました。

「雪見カレーヌードル」

先に雪見だいふくを投入が正しい(?)ようで、
順番間違えました。

blog_shibata_20190627a.jpg

blog_shibata_20190627b.jpg

blog_shibata_20190627c.jpg

blog_shibata_20190627d.jpg

blog_shibata_20190627e.jpg


想像していたより甘さが際立つこともなく、
まろやかなカレー、
といった感じでしょうか…、
おかわりしてもいいと思ってます


「シーフードヌードル×ホットミルク」を、
初めて知った時の先入観を自省して、
今回ニュートラルな気持ちで、
チャレンジしてみました


トライしてみないコトにはわからないコト、
まだまだたくさんありますネ

"百聞は一食に如かず"



アドリブ2
テレビの話ばっかでつまんねぇ~奴(チコちゃん風)だと自覚している柴田です


『ご趣味は?』と聞かれた時の、
頼みの綱のマラソンも、
大きな大会の各エントリーの〆切を失念しており、
さて今年はどうしたものか…、と悩んでおります



前回は芸人先生のミキ会でアドリブネタでしたので、
今回は関ジャムの布袋さん会で。

40代ぐらいなら男女共に知らない人はいないのではないかと思われる、
ギターレジェンドの布袋さん
毎回ゲストで登場する度に、
こんなに気さくなんだ、とビックリしてます


14歳でギターを始めた頃のエピソードが印象的でしたので、
まとめてみました。
※ニュアンス違ってたら申し訳ございません

・当時テレビからいろんな音楽が流れていた
・歌謡曲や演歌、ドリフやらサザエさんやらCMやら
・流れてくる音楽にあわせてギターを弾いていた
・そのうち、次にどんな展開になるのかわかるようになる
・セッションにおいてとても重要なこと
・次に相手が何を演奏するかを掴み、それを踏まえてのアドリブをかえす
・当時の遊びみたいなことが、今すごく役立っていると思う

あっているのかどうか分かりませんが、
"一万時間の法則"、
を思い浮かべました。


学生の頃、
「好きな言葉は?」
「座右の銘は?」
の質問に、
テキトーに、
"継続は力なり"、
なんて回答してた頃がありましたが、
最近身に沁みてわかったてきたような気がします。



習い事始めの6月です、
新たなキモチで、
"有酸素運動"を継続したいと思います



アドリブ
開会式のA席=300,000円にはエントリできなかった柴田です



録画したままだった芸人先生の"ミキ"の会、
やっと観れました
以前紹介済なので、
TVオヤジ括りはナシです。


「マニュアルを超えろ」のタイトルで、
東京観光で誰もが知ってる"はとバス"での講義でした

若手バスガイドさんのロープレの後のお兄ちゃんのコメントが、
すばらしい
まず一言褒めてか~ら~の、
つっこみみたいに笑いとりながらの指摘、
キツさは和らいでいましたが、
かなりわかりやすくて的確だったように思います

・覚えてることをそのまんま言ってるから、全部が頭に入ってこない。

ガイドの内容は初めて聞いたハズなのに、
確かに同じように感じてしまいました


この点は、
後の伝説の社員さんとの対談コーナー(75歳現役バスガイドさん)でも、
触れてました。
・若い人はつめこんだ知識を全部言おうとする。
 ↓
・早口になる。
 ↓
・ご年配はついてこれない。
 ↓
・お客様の耳になって話して欲しい。


ですよね~、
日々の自分自身を反省です



東京オリンピックのマラソンコースのガイドのクダリ、
これは教本マニュアルを超えたアドリブで、
伝説さんのオリジナルのマニュアルになったトークだと思われますが、
タイムリーでキャッチーで、
確かにへぇ~ってなりました



番組内ではアドリブそのものを、
深く掘り下げてはいなかったですが、
アドリブとは…、
ラテン語の"好みに合わせて"が語源で、
元々音楽用語で、
台本にない台詞や演奏を即興的に自由にする、

つまりは、
ベースがキチンとできた上での、
余裕と柔軟の"遊び"でするコト

アドリブの方法だけを欲しがるのは愚問だな、
と思いました。



だとすると、
自分自身における会話のベース(マニュアル)って何だろう…、
練習なんてしてないなぁ…



令和記念
小銭入れの10円玉の枚数を気にしなくても良くなった柴田です

blog_20190514shibata.jpg

まだ使ってません…。


TOKYO 2020 チケット購入
自宅パソコンをまだ復旧していない柴田です。

「TOKYO 2020」
「東京2020」
「東京五輪」
など、
どれが一番かっこいいのか悩んでしまいました…


いよいよオリンピック観戦チケット抽選申込開始となりますネ
申込受付_2019/5/9(木)10:00~2019/5/28(火)23:59
結果発表_2019/6/2(木)
購入期間_2019/7/2(火)23:59迄

公式ホームページの競技情報からチケット価格を見てみてみました…。
一番高いのが、
開会式のA席=300,000円

2020年のオリンピック開幕直前の自分自身のキモチで、
この金額についてどう思うだろうか、想像してみました。

「一生に一度だし、あ~、抽選だけでもチャレンジしとけば良かった…orz」
と思うかもしれない、
と想像してしまって、
どうにもイメージしきれませんでした…

"定価での公式転売サービスあり"、
トノコト


GWは公式HPとにらめっこしようかなぁ…



FRISKローションティシュ
FRISKは水色のスペアミント派の柴田です。



県西部ではお馴染みの黄緑と黄色のコーポレートカラーのドラックストアーで、
コレを見つけた瞬間に、
カゴに入れてしまった商品です。
パケ買いです


20190408_shibata1.jpg 20190408_shibata2.jpg


揉んで香る「マイクロカプセル製法」採用。
→ 揉まなければ香らない
→ 長期間保存してもカプセル潰れれば香る(だろう)
の勝手な分析にて、
○すぐ使用分
○保管分
の2つ購入しました

カブセルを潰すために、
畳んだティッシュをぎゅうぎゅう押してたら、
香り成分の水分なのでしょうか、
ティッシュがしっとりしました。

手元には水色FRISKしかなかったので、
青のペパーミントとの比較は出来ませんでしたが、
たしかにスッーとします



少し贅沢した気になっていましたが、
"贅沢保湿"にもメントール版があることを知りました。
※緑のパッケージ

こちらもマイクロカブセル製法です、
まずは2つ購入してから、
利きティッシュですね



長期間保存により、
カプセルが潰れにくくならないことを祈ります

までもってくれるといいなぁ…。



イチロー引退
こんにちは、柴田です。

昨日の引退発表から、
スポーツニュースはイチローづくしですので、
ワタクシも



ここ最近の野球の平成史を振り返るTVの特集の中では、
必ず登場する"イチロー"選手、
ワタクシと学年も同じ45歳で、
まだまだ現役って本当にスゴイなぁ、
と思っていたところでしたが…。


25年前の1994年になるんですね…、
"イチロー"というファーストネームでの選手登録。
当時は、
「ふざけた登録だなぁ、そんなんでいいの」、
と思っていましたが、
頭が固かったんですね

今のように、自由で個が尊重される時代ではなかったかと思います、
最初に決めた大仰監督の勇気、
半端ないなぁと思います

そう言えば"パンチ佐藤"も同じタイミングだったんですね、
今振り返ってもこちらは、やっぱりふざけてる
インパクトあって良かったと思います



wabi、sabi、zen、という単語がしっくりきて、
海の向こうで刀の代わりに鋭いバット振った平成のサムライ
お疲れ様でした