FC2ブログ
シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

時代錯誤
2009年を迎え、初めての澤木ブログです。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

さて、私をご存じの方はニヤリとする話題を。。。

新春より「必殺仕事人2009」が17年ぶりに復活しました。
スペシャルや映画を除けば、ずいぶんとご無沙汰です。

2007年に放送されたスペシャルが、視聴率25%(関西)
と好評だったため連続ドラマとなったようです。

必殺シリーズの第一弾「必殺仕掛人」がスタートしたのは1972年9月。
1992年3月終了の「必殺仕事人 激突」までに30作ものシリーズが
制作され、ファンとしては待望の復活!とのこと。

http://hissatsu2009.asahi.co.jp/

しかし、高校の卒論も「必殺概論」という私としては、初期の必殺の
「泥臭さ」というか、人間模様が大好きな私にはいささか不安が。。

で、1/4の特番と先週の連続第一話を見ての感想を。

まず、直感。

「これは必殺ではない!」

これでは単なる「正義の味方」「勧善懲悪」の痛快時代劇ではないかと。

なぜ、東山演じる渡辺小五郎がなぜ裏の稼業に入ったのか。
なぜ、松岡演じる経師屋涼次が徒党を組むのか。
なぜ、和久井演じる元締めの元に仕事師が集まったのか。

監督は、必殺の育ての親である石原興さんなのに、これでいいのか!
脚本はこれでいいのか~?
フィルムを使わない映像でいいのか~?

でも、ジャニーズ一色の必殺。
これが今の時代に会った「裏稼業」なのかなぁ。

きっと、一般の方(失礼)は、京本政樹や中条きよし、三田村邦彦が
必殺の代名詞で、華麗な殺しを期待しているんですよね。

緒形拳、山崎努、林隆三、沖雅也・・・
もっと人間臭かったし、強烈な世界観だったのに。

私が時代錯誤なのか、それとも
時代を感じ取れない制作サイドのKYなのか。

あらゆる批評は受け付けます^^;
是非、一度ご覧ください。