シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

甘い物
こんにちは!山本です

最近無性に甘い物が食べたくなります

ご飯でおなかはいっぱいのはずなのに。。。デザートは別腹の言葉通りに

夕飯後こっそり台所の片隅で、子供に隠れて甘い物を食べる毎日です

布団をでる時間も日に日に遅くなるし、このまま脂肪を蓄えて

冬眠に突入するかのような生活を送っています


この調子でいくと、お正月休みに大増量して別人になってるかも・・・

太りすぎてびっくりされないように節制した生活をおくりまーす

・・・無理かな

・・・いやでも一応、宣言だけでも!







静電気・・・
こんにちは



空気が乾燥してますね



この季節、静電気に悩まされています


どこへ行っても、ビリビリ


スーパーへ行きお会計時、おつりを貰う時の静電気は


ものすごくイヤです


ハンドクリームをたっぷり塗り、静電気を発生しないようにしたいです




心がキラキラ
澤木です。

伏見工業、高校ラグビー京都決勝で残念ながら敗れてしまい残念です。。。
山口先生、生徒の皆さん、お疲れさまでした!

さて、最近読んだお話で心がキラキラしたお話を

- 引用 -

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。
しかし、人間よりも寿命の短い動物を飼い始めたら、
いずれ訪れる永遠の別れは定められた宿命でもある。

大人でさえ、その悲しみからうつ状態に陥る人もいるペットとの別れ。

そんな時、周囲の人の手助けがあれば、前向きな気持ちになれるのかもしれない。

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受けて、
神様に手紙を送ったという話が米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。

このエピソードに感動した読者からは、多くのコメントが寄せられている。

この家ではアビーという14歳になるメス犬を飼っていたが、先月、病気で亡くなってしまったそうだ。
ずっと一緒に生活を送っていた4歳の娘メレディスちゃんは涙を流し、
「どんなに寂しいか」を母親に訴えていたという。

そして、アビーへの愛情を忘れられないメレディスちゃんは、母親にこんなことを言った。

「神様に手紙を書いたら、アビーが天国に着いたとき、
神様はちゃんと『アビーだ』ってわかってくれるかな」。

母親はメレディスちゃんが話す言葉を書き留め、手紙をしたためた。

その中身は
「神様、アビーがいなくなり、とても寂しいです。
どうか天国でアビーと遊んであげてください。アビーはボール遊びと泳ぐのが好きです。
神様がアビーを見つけたとき、すぐに私の犬だと分かるように、写真を送ります」という内容。

幼いメレディスちゃんの精一杯の愛情が込められた手紙だ。

手紙と写真を入れた封筒には「天国の神様」とあて名が書かれ、ポストに投函された。

手紙が届いたか心配する娘に、母親は「きっと届いたよ」と励ましていたそう。

すると10月27日、家の玄関前に金の紙で包まれた「メレディスへ」という小包が置かれていた。

中には「ペットが死んだ時」という本。そして、そこには“神様からの手紙”が添えられていた。

「親愛なるメレディス。アビーは天国につきました。
写真が入っていたので、すぐにアビーと分かりましたよ。もうアビーは病気ではありません。
アビーはあなたと居るのが好きでした。

天国では体を必要としないので、写真を入れておくポケットがありません。

だから、あなたがアビーを思い出せるように、この本と一緒に写真を返します。
素晴らしい手紙をありがとう。
それから、手紙を書くのを手伝ってくれたお母さんにお礼を言ってください」

ニュースバインの記事の最後は「誰が答えたかは分かっていません。
でも、米国郵便公社の配達できない手紙を扱う部署には、美しい魂があります」と結ばれています。

- 引用ここまで -

人は人に支えられて生きています。

時折、毎日のバタバタで、周囲の優しさや暖かさを当たり前に思ってしまいます。
わずか10人あまりの事務所ですが、その仲間に対する思いは凄く大切だと思います。

大変な事や、困難なことがあったときこそ、我々に多くの仲間がいることがどれほど
力となってくれるか。きっと、創設からいる私が実感しています。

スタッフの皆さん、代理店の皆さん、そしてお客様。

いつも未熟な私を支えてくださり、本当にありがとうございます。

一生懸命、大切に毎日を過ごしていきます。

そして、これからもよろしくお願いします


虚礼廃止
いよいよ今年も年賀状の準備が始まりました。

何年か前から虚礼廃止が叫ばれて、忙しく、緊縮財政の中、有難い言葉とも思えました。
しかし、他人を思いやる心、気遣いが同時に失われ寂しくさえ感じ初めている昨今です。
年賀状や贈り物は虚礼だったのかな?
本当に感謝の心でささやかなお礼の気持ちだったのに!
年賀状を前にこんな事を考えながら腕組み中です。

う~ん今年はどうしよう


ピンクリボンキャンペーン2009
先週の10/28(水)朝8:00~、浜松駅&新浜松駅周辺でピンクリボンキャンペーンで街頭ティッシュ配りに参加しました
当日ピンクジャンパーの集団を見かけたブログ読者もいらっしゃるかも知れませんネ


去年も参加させて頂きまして、この書き出しでブログを書いておりました。
そーいえば雨降ってました
2008/10/27の柴田ブログ

今年の記念撮影は向かって左から、トッキー君(オス)、柴田、浜松生保支社の本多さん、あんしんセイメイ君
メスの名前はニッキーちゃんって、みなさんご存知でした




保育参観
昨日はお休みをいただいて、保育園の懇談会・保育参観に参加してきました

懇談会の中で、「保護者自己紹介」というコーナーがあり、簡単な自己紹介と

帰宅後から寝るまでの過ごし方を発表することになりました。

我が家はご想像通り(笑)お迎え後からワーワーギャーギャー大騒ぎ

ご飯を作って食べさせて、お風呂に入れるまでは毎日怒濤の時間を過ごしています

その間、私から雷を落とすこともしばしば・・・そんな毎日に流されながらも、

このくらいの子供がいる家はみんなこんななのかなぁー家はひどいのかな?

なんて思うこともありました。

しかーーしっ!昨日他の保護者のお話を聞いてホッとしました!

みんな同じような感じだったんですっ

さらに、3才こえたらもっと激しくなるよ~~といらない情報もゲットっ(笑)

気さくなお母さん・お父さんが多くて笑いに包まれた自己紹介コーナーになりました。

その後の保育参観でもちょっとよそ行きの2人の表情も見られたりして楽しい1日となりました

お休みありがとうございました

また今日から怪獣2匹にたちむかうべく頑張ります





大掃除
こんにちは。


沙織さんのブログで今年もあとわずか・・・・と、


11月だとは思えないほどの暑さですね


毎年 思うことは・・・


今年こそは、大掃除を早めにやらなくちゃ~~~


と、張り切って  カーテンを洗い・窓を拭き・・・


これ以上 進まなく、年末になってしまいます


今年こそは  早めに済ませ


年末は余裕でいたいで~す