FC2ブログ
シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

漢の涙

こんにちは、田口です。

先週末にサッカー欧州チャンピオンズリーグの決勝が行われました。

ヨーロッパ各国のリーグ上位チームが1年かけて、ヨーロッパ最上位を決める大会があります。

その決勝が毎年今時分。

開催地は持ち回りですが、いづれにしても欧州なので時差があり、

日本時間の土曜もしくは日曜の真夜中に開催されます。

情熱がある頃は3時に起きて見てましたが、今は録画です。

意地と工夫で情報を遮断して録画を見ます。

ワールドカップと同等の栄誉がある大会でして、毎年いろいろなドラマが生まれます。

今年出場する中で一番注目していたサラ―選手。

あー面白いプレイをするなーと見ていたんですが、

前半の半分くらいで相手DFとの接触で肩を痛めてしまいます。

一度はプレイを再開しましたが、痛みがひどくてすぐに座り込んでしまいました。

で、大の大人がグランドで泣いているわけです。

痛くてではなく、この試合に出場していたいのに、グランドから出ていかないといけなくなってしまったから。

試合に出ていたいという情熱。

もらい泣きしそうでしたが、そもそも一番見たい選手が見れなくなって泣きました。

この接触が相手選手の故意なのか事故なのかで結構な物議をかもしています。

で、そのあとほかの選手がちょっとおしゃれなプレーをしたら、

腿裏を痛めて泣いて交代してました。

あの涙の半分はくだらないことしちゃったなーって感情なんだろうなと。

あと、キーパーがボールをキャッチした後に味方に投げ渡そうとした際、

近くにいる相手に注意を払わず投げてしまったので、

足を延ばされてボールに当てられてしまい、ゴールされるという、

草サッカーですら見ないような奇跡的な点の入り方をしてまして。

当キーパーは試合後にスタンドのお客さんに手を合わせながら泣いてました。

勝ち負けでの涙も当然ありましたが、いい大人がたくさん泣いてる試合でした。

W杯も楽しみです。

いろいろなニュースと情報。
おはようございます、澤木です。

すこーしノド周りの調子が悪く、この季節に一回体調を崩すことが多いなと反省。


さて。

今更ですが、今の時代。

ニュースやインターネット、調べたいことや知りたいことはあっという間に情報として手に入ります。



もういいよ、ってほど同じニュースを取り上げては、いっぱいのコメンテーターがよってたかって批判。

そんな番組も多くて、そりゃー視聴率も落ちるよな、なんて ^^;。



とはいえ、いつでも手に入るからこそ。


その情報が正しいのか。

しっかりと考えて選別をしないと、本当に知っておかねばいけないことから取り残されるなと。実感。



今もこれからも、求められるのは情報力。


知るということ、磨くということ、伝えること。


いずれが欠けてもいかんですね。



最強の動物とは
こんにちは。男子たるもの、百獣の王ライオンを筆頭に様々な動物の強さは気になるものです。

上野動物園でのことですが、のんべんだらりと歩いていた私の足を止めたものがおりまして、それはシロクマの前でした。
足を止めたと言っても興味があって立ち止まったわけではなく、その威圧感で展示の前まで進めなかったのです。

これはガチでやばい、化け物だと思いました。フリーザの気を感じたクリリンの気持ちが少し理解できます。
シロクマまで距離はおそらく7mほどですが、ここから先に進むとヤツの間合いだと感じて心からビビる私。

翌月リベンジのためにまた行ったのですが、やはり7m地点で敗退。オーラを発しているレベル。
旭山動物園ではずっと近くの距離でもこんな感覚はなかったんですが、上野動物園の個体は何かが違うんでしょうか。

なお、最強の動物でググると検索候補に クズリ とでます。私はシンプルにトラ、もしくはアフリカゾウを推したいところです。
ノミの心臓をもつ私です。
旅行
こんにちは、大木です。

前回の予告通り、今回のブログも祭り(?)関係です笑
皆さん、しばしお付き合いくださいませ。

さて、お祭りが終わると私の町内ではお囃子やラッパを頑張った子どもらの労うために
子どもたちを連れて旅行に飛んでいきます。

旅行といっても日帰りで、しかも割と近場の、浜松に住んでいる人なら一度は行ったことのある行楽地です。
そう、浜名湖パルパルです。

下は小学校1年生から上は大学生までの子どもたちを引率して
朝の開園から閉園までたっぷり8時間以上、パルパルの中を右往左往してました。

正直、小学生なら絶叫系はあまり乗らなくて
かわいらしいコーヒーカップ程度で済むだろうと思っていましたが
甚だ勘違いでした

彼らは気に入ったアトラクションがあると、
飽きるまでずーーーーーーーーと乗っているんですね。
小学生キッズのハートをガッツリキャッチしたのは
絶叫系のアトラクションでその名も【WILD STORM】

空中ブランコのようなアトラクションですが、水平にくるくる回るだけでなく
途中で垂直になり縦軸でもくるくる回るという、ものすごい遠心力を感じるアトラクションです。
回る速度もものすごいスピードですから座席は思いっきり左右にブランブランと揺れるので
内臓が思いっきりシェイクされましたorz

小学生キッズに誘われて乗ってみましたが、私は2回でダウン↓
キッズは結局、時間がくるまで乗り続け連続で6回乗っていました。

待ち時間にだっこしたりおんぶしたりしてキッズの相手をしてましたが
あんなに小さな体のどこにそこまでの元気があるのか不思議でなりません。
明らかに私よりも燃費の良い体をしています(笑)

来年もきっと祭りに来てくれる子らだと思いますが
彼らがどのように成長するのか楽しみです。

そして来年の今頃のブログもきっと似たような内容のブログになることでしょう。笑
弟の天然
おはようございます 鈴木泰二郎です

最近の出来事ですが

先輩に会ったときの愚痴が凄かったんです

会った直後から30分くらい

弟が天然過ぎて困っているとのこと

私「でもそれ今始まったことではないですよね」
  
  「ずっと前から弟ですよね」

先輩「そうだけど最近限界がきた」

私「どうしたんですか?」

先輩「必要な書類の画像をメールで送れとたのんだらピンボケしてたから電話してぼけてるぞって言った弟の返し」

弟の返し「ごめんぼけぼけしてた」

先輩「はっ!」「意味わからん」「ピンボケだよ ピンボケ」

これに始まり

一緒に飲食業を営んでいるお店で

お客さん「楊枝ちょうだい」

弟「えっ!私がお客様に用事をあげればいいんですか?」

先輩「その用事じゃねーよ」「爪楊枝だろ」「意味わかんねー!」

次の話

先輩「今どこ」

弟「○○のコンビニの近く」

先輩「じゃあそのコンビニに10後に行くからまってて」

10後弟おらず

先輩電話で「はっ!」「なんでいないの?」

弟「ごめん!入るの忘れて通り過ぎちゃった」

先輩「はっ!意味わかんねー」

ってなことが続いてあったようです

わたしも弟よく知っているんですがとてもいい子でわたしはすごく好きです

まーでも弟だったら怒れちゃうかも

長々すみません
すね毛に関する極秘事項!

      変なタイトルでスミマセン、神谷です。



日曜に、必達だった目標を達成し
ほんの少しホッとしたのか、体調を崩しました(;一_一)

そのせいで、変な夢を見ます。

一日目。

事務所でいつものように計上しようとしたところ、計上BOXに
『澤木・柴田・泰二郎の、すね毛に関する極秘事項!』 と書かれたファイルが。。。

神: 『これ、なんですかねぇ?』
石: 『未計上だから』 と、サラッと。

えーーーーーーーっ
と思って、Tネットの計上を開くと
『すね毛』 の項目が増えていて(@_@;)

神: 『Tネットで、すね毛の計上なんて出来るようになったの?』 
田: 『何言ってんだ?アンタ』 

もう、嫌になって、破棄BOXにファイルを捨てて、誰にも報告せず帰りました。
という夢。。。

二日目。

なんと!続きでした(;一_一)

破棄したはずの
『澤木・柴田・泰二郎の、すね毛に関する極秘事項!』 のファイルが。。。
また計上BOXに!!

なんなの!もおぉぉぉぉぉーーーーーー(泣)

で、目が覚めたのが 4時20分頃。
変な夢に睡眠を邪魔されないように、早く体調を戻します。

月曜に
Tさんのスネを見たのが、強烈に頭に残ったのかなぁ~(;一_一)


追記。
お三方、ともに、すね毛に関する極秘事項なんて無いと思うので
ご安心ください。
いたって健全な会社です。

あしからず。。。









    
景色
こんにちわ、小幡です。

この時期は自転車レースのジロデイタリアを毎晩観戦しています。

レース自体は4時間とか長丁場なのですが、レースが動くのはその中の少しの時間なので、

基本ぼーっと眺めている時間が多いです。

レースの中継は国際映像で全世界同じ映像を使っているのですが、

レースの映像を流しているだけでは間が持たないと思っているのは全世界共通のようで、

国際映像ではちょいちょい、付近の遺跡や観光名所の情報を放り込んできます。

あまりにレースに動きが無いと、10分に一回くらいレースと関係のない情報が流れてきて、

たまにBSの旅番組でも見てるかと思うときもあるくらいです(笑)

聞いたことのない都市の、聞いたことのない遺跡の説明なので、

サッパリ頭には残りませんが、

それでも普通の旅番組では紹介されないような小さな町にある遺跡なども紹介されるので、

ちょっと得した気分になれます。


現在DAZNにて全レース、スタートからゴールまで連日放送中なので、よければご覧ください。


四十にして、、。
こんにちは!山本です。

今日のブログは、最近読んだ雑誌の特集から感化されたお話です。

特集はズバリ。

「40代を後悔しないためにすべきこと72」(笑)


孔子 : 「四十にして惑わず。」

山本 : いやいや、四十も後半に差し掛かり、そんな今も「迷い、戸惑う日々」でございます。


人生100年時代から考えると、、40代はまだまだ折り返し前(笑)

実際、私の寿命が100歳まで続くのかはさておき、

そんな心持ちで明るく歩いて行けるような特集でした。


なかでも、若宮正子さんのインタビューで語られている言葉がとても素敵でした。

この方は、82歳でアプリを開発し、

「世界最高齢の女性開発者」として世界中から注目を集めている女性です。

昨年の今頃、アップル主催の開発者会議に招かれたことで、

ニュースにもよく取り上げられていました。

開発者となった発端は、

①「シニアが楽しめるアプリを作れないか」と、若い開発者に相談したら、

②「シニアが楽しめるものがなんなのか分からない」と言われ、

③「それならシニアである私が作るしかない」と思ったのがきっかけだそうです。


実にシンプル。

私の場合、きっと③の前後に、「でも」、「わたしなんか」、などの思考が邪魔して躊躇してしまう。


でも、若宮さんはこう言います。

今、ここ、瞬間の好奇心や想いを大切に、行動に移す。

「今さら」、「モノにならないかも」、「余分なことかも」、、そんな心配は不要。

いつ、何が役立つなんて誰にもわからないのですから、と。


長く生きてこられたからこその説得力。

と同時に、未来に対する安心感を与えてくれる言葉でした。


さあ、顔を上げて。

今日も1日がんばりましょう!








ご近所さん
こんにちは、美乃里です。

集合住宅に住むこと8年間。
同じ建物内に住んでいても
生活スタイルが違うとご近所さんとあまり会うこともなく
交流を持つことは、今までありませんでした。

今回の住まいも今まで通り、と思っていたのですが
先日、町内の清掃活動があり
住んでいる方々の仲の良さに驚きました。
9世帯あり、そのうち半分以上の方が
新築当初から住んでいるとあって
女性の方々の団結力があります。
年齢は、少し先輩の方からかなり先輩の方までいて、
みなさんおしゃべりが止まりません。

上の階に住んでいる方は、今度ひ孫(双子ちゃん)が産まれると
嬉しそうにお話してくださり、
車があれば必ずうちにいるから、何かあったら言いにおいでよ、
と娘のことも気にかけてくれ、
ご近所さんの存在のありがたさを感じました。

引っ越しをする前は、どんな方が住んでいるかと
少し不安に思ったりもしましたが、
安心して住み続けることができそうです。





体験2
こんにちは。石野です。
前回のブログで「電位治療器」を体験(毎日体験しても無料)のことを書きました。
あれから、スタンプは1つのままです。
数日前に、電位治療器体験している、スーパーに行ったところ駐車場がいっぱいで
停めれませんでした。目的はスーパーに買い物です。
時間帯も夕方だったので、もしかしたら、誘ってくれた友達がいるかも・・・と
思っていたら駐車場に車を停め、車中にいました。笑。
友達は電位治療器体験に参加するために待っていたようですが、人がいっぱいすぎて
行きたくないとか。じゃあ、やめれば、と言いましたが・・・こちらの話が夢中になり、結果行きませんでした。

CMや広告に載せることなく、お客さまの口コミ(口頭でのコミュニケーションの略)で人が集まっています。
いつまで続くかわかりませんが、口コミの力には驚かされました。