FC2ブログ
シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

卒業式
おはようございます

鈴木泰二郎です

今このブログで卒業式の話が続いてますが乗っかります

本日娘の保育園の卒園式です

1年上の子の卒園でまだわたしにはまったく関係ないのですが

今日のために、歌とか言葉とかいろいろ家で練習してます

そんな娘の姿をみて涙腺が・・・

1年後卒園式出席しようか迷っちゃいます

泣きすぎちゃって、はずかしい思いをするのが目に見えてわかります

本当に涙腺が弱くなり

今これを記入していてもちょっとウルウルしてきてしまったので

短いですが会社で泣く訳にもいかないので

これで失礼します



卒業・第二ボタンVol.2


   やっと小学校が終わりました!神谷です。
   長かったぁ~(--〆)


さて、みのりさん検証の第2ボタンの風習。
まだ残ってますね~
次男が高校を卒業、色んな所で告白の嵐でした(笑)

そして、びっくりしたのが
体操服の奪い合い。。。
ボタンじゃないのか?
この高校ならでは?
と思いながら、次男の体操服の行方を見守っていました。

体操服をもらってどうするんだろう。。。

裁縫は意外と得意な神谷ですが
あら、ゼッケンきれいに縫い付けてあるかしら?
と気になった卒業式でした(笑)





第2ボタン
こんにちは、美乃里です。
先週、中学校の卒業式がありました。

卒業式というと、
好きな男の子から第二ボタンをもらう
風習がありました。
そこで、今どきの第二ボタン事情はどうなのか
ということで娘に聞いてみました。

結論としては
今でも第二ボタンの風習は残っていました。
お付き合いしている子がいるケースでは…
周りに囃し立てられながらボタンをもらう。
好きな男の子がいる子は
勇気を振り絞って「第二ボタンちょうだい」とお願いし
めでたボタンをもらったような話も聞きました。

卒業式の後の合唱は、男の子も女の子も泣いていて。
すてきな中学校生活に感謝した卒業式でした。






30000日
おはようございます、山本です


先日、子どもたちが無事に小学校を卒業しました。

言葉の掛け合いや歌を聞いた時に、少しじわっときたものの、

それ以外は、笑顔で過ごせた卒業式でした。

来賓の方のスピーチの中で、

「6年前の春、椅子に腰かけても足がつかず、

ぶらぶらさせていた子供たちがこんなに立派になり、、」

というくだりがあり、そこで一瞬鮮明に入学式の姿が目に浮かびました。


産まれてから、約4500日。

たくさんの人に支えられ、身体も心も大きくなりました。

これからもいろいろな経験をするでしょう。

全てを糧に。

うつむく日も、顔をあげたら違う景色が見えることを。

そんな、13000日くらい長く生きてる経験をこれからもそばで伝えてあげたいなと思います。


人生って平均で30000日なんですって。

賛否両論あるようですが、未来の残り時間に加減はあれど、

積み重ねてきた日数をこうして数字で考えるのも感慨深いものです。

淀まず止まらず、明るいほうへ。

今日も一日がんばりましょう!








イチロー引退
こんにちは、柴田です。

昨日の引退発表から、
スポーツニュースはイチローづくしですので、
ワタクシも



ここ最近の野球の平成史を振り返るTVの特集の中では、
必ず登場する"イチロー"選手、
ワタクシと学年も同じ45歳で、
まだまだ現役って本当にスゴイなぁ、
と思っていたところでしたが…。


25年前の1994年になるんですね…、
"イチロー"というファーストネームでの選手登録。
当時は、
「ふざけた登録だなぁ、そんなんでいいの」、
と思っていましたが、
頭が固かったんですね

今のように、自由で個が尊重される時代ではなかったかと思います、
最初に決めた大仰監督の勇気、
半端ないなぁと思います

そう言えば"パンチ佐藤"も同じタイミングだったんですね、
今振り返ってもこちらは、やっぱりふざけてる
インパクトあって良かったと思います



wabi、sabi、zen、という単語がしっくりきて、
海の向こうで刀の代わりに鋭いバット振った平成のサムライ
お疲れ様でした



卒業
こんばんは。石野です。

卒業ソング、といったら
じゃあね、
を思い出します…。

子供の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と
卒園卒業式に参列しました。
式の間、入学から卒業までの道のりを
思い出し、ウルウル。
周りの親もウルウルしていて。
気持ちが、消しゴムで消され、
次のスタートラインに立たされる感じがしました。
そんなウルウルする事も、
今はございません。
子供の学校行事のイベントがないのも
少し寂しいです。
数年に一回ぐらい、卒業式に参列して
ウルウルして、リセットしたいと思いました。



ライフイズビューティフル

こんにちは、田口です。

昨日澤木さんのスピーチを聞いて映画が見たくなりました。

夜気が付けば2時間の映画ならぎりぎり見れそうな雰囲気。

キタコレと録画機の中をあさり、ライフイズビューティフル。

私は映画でも小説でも何回でも同じものが見れる、見たいという、性質をもっており、

ライフイズビューティフルも4度目か5度目。

子どもが生まれてからは初。

以前見た時と同じようなところで笑い、同じようなところで泣き。

映画の内容としてはいいとこのお嬢さんにアプローチする前半と

後半は戦時下のなか強制収容所での子どもとの生活を、

日常の小さな奇跡、魔法とユーモアでどうにか豊かにしますというもの。

奇跡や魔法は日々のできごとを思いつきで魔法に変えるようなもの。

ああいい映画だなあなんて、いろいろ思いを馳せていたら気が付きました。

幼き頃、父と車に乗っていて信号待ち、

むにゃむにゃ念じる父、「えい」っというかけ声とともに青になる信号。

踏切りで電車が右からくるか左からくるか100%予言する父。

一つだけ持ってた完ぺきにこなすマジックトリック。

種明かししたらとてもくだらないものばかりですが、

種に気が付かなければ魔法使い。

血をひきついで自然とやっている時もありますが、、

より意識して魔法を使っていきたいなと思いました。

大人とはなんだ。
澤木です。

年度末を迎え、全員で駆け抜けモードです!

いろいろ抱えて、全速力で進みます。


さて。


週末にふと、ある映画をレンタルで視聴しました。

ずっと気になっていた作品。

プーと大人になった僕。


幼い頃、少し知っていたくらいでしたが。

これ、ものすごく。

刺さります、プーが。


大人とは、頭がでかくて心が小さくなることなのか。

表面で当たり前のように取り繕うことが、ことごとく刺されます。



なぜ、ピグレット、イーオ、ティガーなのか。

とってもとっても、自信に染み渡りました。


ぜひご覧になってください、というよりも。
いつか観てみてください。


どこかへ行きたいと決まっていると、どこかが来てくれる。

大人とは、なんぞやですね。


自己満足
こんにちは、某郵便局に行くと「この人、チルドの人かな?」と考えてしまう大木です。

先日、ラジオを聴いていたら、最近、怒れたことというお題で
ラジオパーソナリティーの方がオープニングトークをしていました。

内容を簡単にまとめると、お花屋さんに時間指定をして花の配達を頼んだら
配達日当日に、配達時間を前倒しにしても良いかという相談の電話があったそうな。
電話が出られない状況だったので折り返そうと一回切ったところ、間髪入れずにかかってくる。

切っては、かかってくる、切っては、かかってくる・・・

その繰り返しの果てに、依頼した内容を当日に変更したいという内容の電話。
ブチ切れることはなかったものの、だいぶ怒れたそうです。
とりあえず落ち着いて、その電話を処理してからしばらくして・・・

また同じ番号で電話がかかってきたのです。

状況は先程と変わらないので、一回切ったところ、先程と同じように間髪入れずにかかってくる。

切ってはかかってくる、切ってはかかってくる・・・

いい加減に電話に出たところ、今度は別の人からの電話で曰く
「先程は、スタッフが大変しつれいました」といった内容の電話でした。
なんでも今回の電話の人は初めに電話をかけた人の上司で、最初の電話の人は新人だったらしく、
無礼をしたことについてお詫びしたくて電話したという内容でした。

その電話をうけたラジオパーソナリティーの人が、それでと?問い返すと
電話を掛けた人は、それだけですぅー。と申し訳なさそうに言ったことに対して怒れたそうです。


ラジオから流れるそんな話を聴きながら、私も電話をかける時だけでなく
相手と話をする際に気を付けないといけないなぁとシミジミと思いました。

そんな思いを書いて自己満足に浸る私でした。
また便乗
こんにちは。運の悪さには自信がある私です。

さて、ガシャガシャといえばドラゴンボールやガンダムといったキャラクターものが定番ですが、
なかなかどうして妙なものがあるものです。実際に点灯する信号機のガシャガシャ、カブトエビ?の飼育キット、
キラキラ輝く泥だんごを作るためのセット、リアルに丸まるダンゴムシのガシャガシャといったものの中に、
一際異彩を放つガシャガシャがありました。

伸びる納豆のガシャガシャです。どこに需要がある商品なのかわかりませんが、非常に興味深い珍品です。
もっとも、200円と引き換えに得るものとして果たして適正な水準なのか、再考の余地がありそうです。

そういえば、ピエール瀧が逮捕されてしまいましたがこれまでの出演作はどうなるのでしょうか。
一時はどの邦画を観ても出演してるなあと思ったものですが、今思い出そうとしても『百万円と苦虫女』
『僕たち急行 A列車で行こう』の二本しか浮かばなくて困ります。正直絶望してる。
栄養満点の納豆を食べることで記憶力は改善するかもしれません。