FC2ブログ
シヨウゲンチヨウカラコンニチハ♪
F1AGスタッフのリレー形式のブログです。
カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
みなさんこんにちわ、フォースワンAGです。
これからスタッフのリレー形式で更新していきます。

フォースワンAG ホームページ
http://www.forceone-ag.co.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

UDON
台風10号、四国の被害が心配な柴田です


本日のタイトル『UDON』は、
2006年8月に公開、
"踊る"の本広監督、
ユースケ・サンタマリアと小西真奈美が主演の、
うどん県の香川を舞台にした"うどん"の映画のタイトルです

学生時代を、
そばよりうどんがメジャーな大阪で過ごしたお陰で、
うどんが好きになりました。

さらに、この映画を見て、
①一度は"本場で食べてみたい"、
②一度は"自分で踏んでみたい"、
と思っていたトコロ、
子供向け商品なんですが、
②を叶えるとても良いモノを見つけました。


その名は「さぬきうどん英才教育キット」

blog_20190815shibata1.jpg
プレゼントにも最適なかわいい包装

blog_20190815shibata2.jpg
これは子供(だけでなく大人も?)は喜ぶでしょう

blog_20190815shibata3.jpg
蓋を開けてもイラストいっぱい

blog_20190815shibata4.jpg
中にはこんだけのモノが入っていて、
とりあえず家庭であるもので、うどんが作れちゃいます。
子供の好きなシールもあって、
0からうどん作りを学べます


本当によ~く考えてあるなぁト、
感心してしまいました。



山の日に初挑戦しました
5人前ずつで小分けにされているのもありがたく、
2回作れます。

blog_20190815shibata5.jpg

白い粉がつくので、途中写真なし、
出来上がり写真も、自主規制です…

粉と塩と水とだしは、大変優秀でしたので、
うどんそのものの味は、美味しいです
製作過程と調理の問題で、総合点数ダウンです


気づいたコト(1回目)

○"踏む時のビニール袋"は固くて厚いものを
├ ゴミ袋のような薄い袋だと、踏んだ時にしわが出来て気になる
└ 米袋ならいいのかも

○"こね鉢"は大きい方がいいが、ある程度でいい
├ こね易さ=ボール<たらい<鉢、なんですかね…、深さ<広さかと
├ 直径46cm×高さ14cmのプラたらい、ダイソーで150円で買えます
├ 一度に作る量にもよりますが、500g程度なら、もっと小さくても十分
└ でか過ぎて戸棚に納まらず、大変

○"麺切包丁&こま板"は欲しい
├ 家庭用の三徳包丁でももちろん切れますが、切りにくい
├ つきたてのお餅、は言いすぎですが、大体そんな感じ
├ 1回の包丁の上下だけでは切れず、ずらして切っていくことになるので、太さを揃えるのが難しい
└ 安い物でもいいので、この2点があれば、かなり楽&キレイに仕上がりそう

○"茹でたうどんの解凍方法"は注意
├ 自然解凍したモノしか食べてませんが、とにかくおいしくない
└ どうやら"茹でなおし"するのがおすすめらしい



こういう仕組みや取り汲みがとても大事だと思いましたし、
それを形にするアイデアがほんと素晴しいです


大した研究レポートはございませんが、
2019大人の夏休みの自由研究は、
早々に完成ですっ



さぬきうどん英才教育キット | 瀬戸内うどんカンパニー
http://udoncompany.com/udonkit/